10枚の運命:26年間の宝くじ購入で得た教訓と小さなチャンスセンターの魅力

ペンネーム【買わなきゃ当たらないのは分かるのだけど、買ってもなかなか当たらない】です。

宝くじ購入歴は、初めて就職した年から数えて26年くらいです。

年末ジャンボは毎年買っています、一時期ロト6に毎週はまったり。

高確率狙いで、発売枚数の少ない東京都宝くじを買ってみたり。

スクラッチくじにハマったこともありました。

いまだ夢と現実を彷徨っています。

色々な宝くじを試してみてますが、悲しいことに3,000円以上の当たりくじを引いたことはありません。

銀座のチャンスセンターも行きました。

結果、ダメでした。。。

そんなこんなで、10年くらい前から地元の駅近くのチャンスセンターで買うようになり。

連番で10枚買えば1枚は必ず当たる300円とか200円の当たり券を握りしめる日々でした。

そんなある日、現在から2年前の年末ジャンボ(宝くじを買い始めて24年)川口のショッピングセンター内でたまたま、存在感の無いチャンスセンターを見つけたのです。

(数年通っていたのに見つけたときは驚きました。こんなところにチャンスセンターがあったのかい!)
そのチャンスセンターは、在感が無いなりにも「○等当選でました!」といくつか掲示されていて。

大量にさばくチャンスセンターより絶対少量しかさばいてないであろうチャンスセンターで宝くじを買った方が当たる確率も上がるのでは???と心に矢が刺さり、その年の年末ジャンボはその川口のチャンスセンターで買いました。

結果。。。

出たーっ!!人生初の6等の3,000円! 私は嬉しかったです。

宝くじは本当に運だと思います。

でも、確率をあげる方法も沢山あると思います。

大きなチャンスセンターでなかなか当たらない方、小さいけど実績あるチャンスセンターで購入してみるのも良いかもしれませんね。

何を選ぶのも全て運ですが。

ちなみに実は私は、一度の購入枚数は10枚と決めてます!26年間で自己最高金額3,000円なのは、これが原因かもしれませんね(汗)