宝くじの高額当選している人は、年末ジャンボで何枚買いますか?

公開日: 

宝くじの高額当選している人は、年末ジャンボで何枚買いますか?

やっぱり数百枚単位で買っているものなのでしょうか?よく海外で1枚だけかって、数億当たったとかの話を聞くと、どうなのかがすごく疑問です。

当たるときは、1枚でも当たりそうな気がしますし、実際にはどうなのでしょうか?

ジャンボ宝くじで、高額当選した人の購入枚数は10~30枚購入した方が多く、1等の当選者は10枚の購入者が一番多いという統計がでています。

ではこの理由はなになんでしょう?

欲を欠かないほうが当たる?

たくさん買うと運に見放される?

なにか意味がある?

いろいろ考える人も多いですが、これは宝くじを買うときの枚数が10枚という人が、圧倒的に多いからです。

たとえば
10枚購入している人は、
20枚購入している人の2倍以上
30枚購入している人の3倍以上
100枚購入している人の10倍以上

数字で例をあげると
10枚購入している人が100人いたとします。

100人の2倍ですから、50人 
100人の3倍ですから、33人
100人の10倍ですから、10人

10~30枚購入している人が大半を占めているということがわかります。

ただ個別の確率で考えると、10枚購入している人より、100枚購入している人のほうが10倍高いことになります。

ですから、何枚買うかというのは、攻略法があるわけでもなく、1枚より10枚 10枚より100枚確率はあがりますが、夢とともにリスクも上がっていきますので、個人的には、宝くじ高額当選売場で買うのと、枚数は10枚程度に抑えておいて、あとは金運があがるような行動を取るほうが効率が良いのかな?

と思っています。

PAGE TOP ↑